「Waltz In Blue」をききながら。
斎藤誠さんと、斎藤誠さんの音楽と、誠バンドの皆さんのことを徒然に呟きます。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
2012/12/30 THE SESSION 斎藤誠30周年企画vol.0 カウントダウンスペシャル                 

 2012/12/30 THE SESSION 斎藤誠30周年企画vol.0 カウントダウンスペシャル


2012年最後の放送は、成田さんと柳沢さんをスタジオにお呼びして、
誠さんの唄オンリーのライブスペシャルでした。
ちょっと遅ればせの感想だけ。


唄われた曲は以下の通り


====


1Don't Give It Up!
2初恋天国
3Waltz In Blue
4タヒチ
5悲しみが遠くなってった
6He is demotape songwriter


====


楽しかったー。
特に昨年の後半は、このお2人が誠さんとご一緒する機会は
極めて少なく、、、とても残念に思っていたところ。
だから、誠さんならではの粋なはからいだなあ、、
と思ったのだったよ。


やっぱりすごく素敵だった。
特にふーみんのギター。
聴けたのは、お正月以来だったのでは??


鳴ってて欲しいところで音が鳴ってる。
音色はもちろんなんだけど、
とても唄と心地よいバランスで響いてるのが、
本当にいつも素敵だと思ってんだよね。
嬉しいなあ。


実際のライブでも誠さんがふーみんのギターで唄えるとき、
すごく嬉しそうなんだよね。
(時折、絡まれている様子含め(笑))


誠さんのヒトリゴトを見て、
改めてエアチェックをしたものを聴きなおしてたのでありますが。


とりわけ、このトリオでの「タヒチ」は、まさかーーーー!!
と思ったのだけど、ほんと。


すごーーーい。


まさに、バンドアレンジでの肝となるとこを
お三方だけで、バシッと押さえていて、
めちゃくちゃかっこよかったのですよ。
聴けただけで、もうけものって感じでしたね♪


ちょうど、ああ明日で桑田さんのライブおしまいだな、、
ちょっと寂しいと思っていたところ、
その先にある、3日のライブがすごく楽しみになったんだよねー。


とにかく。
このお2人に対する、演奏に対する、誠さんのワクワク感が伝わってくる。
リスナー含め、たぶん、、、一番楽しんだのは誠さん。
間違いなくね。


追伸
ふーみんは三言、
成田さん一言、、
しか喋ってないというのは、嘘ですよー(笑)
念のため。

: THE SESSIONの感想とか。 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by chi-eco :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://waltz-in-blue.jugem.jp/trackback/641
<< NEW : TOP : OLD>>